「ブレスト/ブレインストーミング」の意味と使い方は?例文を含めて解説!【ビジネス用語】

「ブレスト/ブレインストーミング」という言葉の意味と使い方を知っていますでしょうか?
ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい理解ができていないという人も多いかと思います。
この記事では「ブレスト/ブレインストーミング」の意味や使い方について分かりやすく解説していきます。
例文も紹介していきますので、最後までご覧ください。

「ブレスト/ブレインストーミング」の意味と使い方は?

「ブレスト/ブレインストーミング」について解説します。
みんなが集まる場、たとえば会議でよく用いられる言葉です。
ビジネスシーンにおいての使用がほとんどであるため、日常で見聞きすることは少ないかもしれません。
しかし覚えておけば役に立つ言葉であることは間違いないため、いったいどういう意味を持っているのかを知っておくのも良いでしょう。 そこでこの言葉の意味や使い方などについて説明していきます。

「ブレインストーミング」はアレックス・F・オズボーンという人物が生み出したアイデア発想法です。

いわゆる会議の方式の一種でもあり、「ブレスト」は略した言葉となります。
具体的には集団で話し合ってアイデアを出す方法のことを指し、4つの守るべきルールが存在しています。
その1、アイデアを批判してはいけない。
なぜ批判はいけないのかといえば、「ブレスト」はあくまでもアイデアを生み出す方法であって、結論を出すものではないからです。
その2、量を出す。
アイデアをとにかく量産することが大事なので、質は二の次となっています。
その3、どんなアイデアでもオーケー。
先ほども言った通り質より量なので、荒唐無稽な考えでも問題ありません。むしろ変わったアイデアのほうが大事という考え方なのです。
その4、アイデアの融合。出たアイデアを合体させて、別のアイデアを生み出すというのも「ブレスト」の大事なルールです。

このように4つのルールを守り、様々なアイデアを生み出す、それこそが「ブレスト」という会議方式というわけです。

「ブレスト/ブレインストーミング」の使い方を例文で紹介

・新商品開発のアイデアはブレインストーミングで出します。

・ブレストを取り入れて、アイデアを生み出す練習をする。

・同業種に負けないためにもブレインストーミングを取り入れるつもりです。

・子供の想像力を養うためにも授業でブレストを使おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。