「A面・B面」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「A面・B面」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「A面・B面」について説明します。

「A面・B面」ってどんな意味か知ってる?

「A面/B面」という言葉について解説していきます。
かつては音楽業界を中心によく聞かれた言葉ですが、商業用の音楽や楽曲を取り巻く環境が大きく変容した昨今では、この言葉を耳にする機会はめっきり無くなりましたね。
もともとはアナログレコードで用いられた「A面/B面」という言葉から派生して、後のCD売り上げ全盛時代には「両A面シングル」という言葉も生まれました。
さらに、元の意味から転じて、現在では人を形容する際にも使われるにようになってきています。
言葉の由来を理解し、間違わずに正しく使えるようにしておきましょう。

「A面・B面」の意味

「A面/B面」とは、アナログレコードにおいて表裏の両面に楽曲を収録する際に、表面のことを「A面」、裏面のことを「B面」と呼んだことに由来する言葉です。
アナログレコードのシングル盤では、片面に1曲ずつの計2曲を収録することが出来て、日本では多くの場合、A面にそのシングルのタイトル曲、B面にカップリング局を収録することが多いです。
一般的な認識としては、A面の曲がメインで、B面の曲がおまけ的な存在、といった感じです。
その後、片面に複数の曲を収録できるCDが音楽業界を席巻するようになると、アナログレコード時代の名残りから、1曲目がA面、2曲目がB面、と呼ばれるようになりました。
近年では、ある特定の人間の二面性を表現する際に「A面/B面」と表現されることも多くなりました。

「A面・B面」の使い方と例文

・このレコードのA面/B面は、両方ともレベルが高いよね。
・あの人気アーティスト、レコードのB面曲とシングルの2曲目を集めたB面ベストアルバムを来月発売するらしいよ。
・うちの上司は、普段は穏やかなんだけど、お酒が入るとちょっと怒りっぽいんだよね…A面/B面の差が激しいなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。