「鍋奉行」とは?意味・使い方・例文を紹介

「鍋奉行」という言葉について知っていますか?
この記事では「鍋奉行」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「鍋奉行」って?

「鍋奉行」という言葉は、家族や友人と一緒に鍋を囲んでいるときやテレビのグルメ番組で鍋料理を扱っているときなどに聞いたことがある人も多いかもしれません。
ただなんとなく使っている鍋奉行という言葉を詳しく見てみると、鍋はわかるけど、奉行ってどういう意味?と疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。
ここでは鍋奉行という言葉について詳しく紹介していきますので、ぜひ最後まで見て正しい意味を覚えてみてください。

「鍋奉行」の意味について解説

鍋奉行の「鍋」はみなさんのイメージ通りで「鍋料理」を意味しています。
そして「奉行」の意味ですが、これは武家時代や江戸時代において執行官や警察などのかなり地位の高い人に与えられる称号であり、その場を指揮したり、ルールを自分で作り出す人のイメージとして使われています。
この2つの意味を合体させてみると、鍋料理を最高責任者のように仕切って、周りの人に指示を出したり、いつどこでどの食材を入れるかなどのルールを決める、地位の高い人という意味になります。
現代で表現される鍋奉行は地位の高い人というよりも、「面倒見が良い」「おせっかい」という意味合いも含まれていますので、マイナスのイメージよりプラスのイメージを持っている人も多いです。

「鍋奉行」の使い方と例文で紹介

・私は会社で一番年下なので、飲み会ではいつも鍋奉行を任されている
・鍋料理をみんなで食べるときは、鍋奉行をしてくれる人がいるととても助かる
・あの人は鍋奉行を良くやっているから、多分良い奥さんになりそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。