「衣紋掛け」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「衣紋掛け」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「衣紋掛け」について説明します。

「衣紋掛け」ってどんな意味か知ってる?

「衣紋掛け(えもんかけ)」は時代劇などでよく登場しますが、現代では一部の着物関係の業者や着物を大事にしている人以外では余り見かけなくなりました。
同じ用途のもので鳥居のような形をしている「衣桁(いこう)」がありますがこちらの方が専門的に使用されているかも知れません。
昭和時代までは一般家庭にも普通にあったのですが、今でも残っている家庭はあるでしょう。屏風のように二つ折り状のものが多く普及していたはずです。

「衣紋掛け」の意味

「衣紋掛け」とは何のためにあるのでしょうか。
多くは着物を保存する道具のことで、目的は着物が自然の状態でしわが出ないようにしたものです。
普通はキチンと折りたたんで多畳(たとう)という和紙の包装紙に包みでタンスに保存するのですが、高級な着物は「衣桁」などの「衣紋掛け」に掛けて保存しておきます。
着物の袖に棒を通してひもでつるし、裾を広げていますので袖柄や裾柄が良く分かります。陳列用として使用されることも多いのです。
昔の着物や打掛などが「衣桁」などの「衣紋掛け」に掛けて博物館などに飾ってある風景を見ることも多いでしょう。
簡単に言えば、高級和服ハンガーと考えれば分かりやすいでしょう。

「衣紋掛け」の使い方と例文

・現代では着物を着る習慣が少ないので、衣紋掛けも少なくなりました。
・昔は当たり前の物でしたが、衣紋掛けを知らない世代も増えてきました。
・着物博物館では、展示された着物を吊るす衣桁という衣紋掛けを多く目にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。