「着メロ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「着メロ」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「着メロ」について説明します。

「着メロ」ってどんな意味か知ってる?

「着メロ」という言葉について解説します。
現在ではスマートフォンやタブレットが普及していますが、以前は携帯電話やPHSが主流でした。メールや電話の着信があった際に音が鳴るのはスマートフォンでも変わりありません。「着メロ」という言葉自体が死語になりつつありますが、当時はどのように使われていたのでしょう。携帯電話を取り巻く当時の状況やIT技術を織り交ぜつつ紹介していきます。

「着メロ」の意味

「着メロ」とは「着信メロディ」の略称で携帯電話やPHSなどへ着信があった際に鳴る音のことです。
着信があればそれを知らせるために着信音が鳴ります。単純な単音を鳴らすのではなく、その名の通り「楽曲」として鳴らすことが着メロです。楽譜データを携帯電話本体に内蔵されている音源により再生するため、機種により音が違うといった現象もあります。また、和音数が少ないという制約と携帯電話のボタンを操作して着メロを自作する必要がありました。中には様々な楽曲を再現した専用の楽譜が発売されるなど着メロが流行しました。
それからITの技術はどんどん高まり、着メロをダウンロードする方式が確立し、そこから着うた・着ボイスなどの派生品が誕生しました。

「着メロ」の使い方と例文

・携帯電話に新しい着メロを設定する。
・携帯電話で着メロを自作することができる。
・携帯電話の着メロが鳴ったので、すぐに電話に出た。
・流行曲が着メロになっていないか調べる。
・この着メロは母の携帯電話のものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。