「朝シャン」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「朝シャン」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「朝シャン」について説明します。

「朝シャン」ってどんな意味か知ってる?

男性でも女性でも、「朝シャン」という言葉を聞いたこと、使ったことが1度はある言葉ではないでしょうか?
「俺、朝シャン派だから!」とか、「私は毎日朝シャンしてるよ!」など学校や職場の人とのやり取りは、日常会話としてはよくあることだと思います。
一部の若い人の中には「朝シャン」という言葉について知らないという人もいるかもしれません。
まだ死語とは言えない言葉ではありますが、知らない人のために言葉の意味・使い方を解説していきます。

「朝シャン」の意味

「朝シャン」とは、そもそもなんの略語なのか?というところから考えてみましょう!
これは「朝(に)シャン(プーする)」と言うことになります
正確には、朝にお風呂に入る、もしくはシャワーをするということです。
それなら「朝シャワ」や、「朝シャー」などでも良いのではないかとおもいますが、語呂が合わなかったり、言いやすさなどもあって、「朝シャン」が定着していったと思います。
お仕事や学校の都合で帰宅時間が遅くなったり、家事、育児などでどうしても夜にお風呂(シャワー)で体をキレイにしたり、髪の毛を洗ったりする事が出来なかったときに朝にシャワーを浴びる人が増えてきたことから生まれた言葉です。

「朝シャン」の使い方と例文

・私は今日、「朝シャン」をしてから、学校に登校してきました。
・昨日は夜、帰宅時間が遅かったのですぐに寝て、「朝シャン」してから出勤しよう。
・「朝シャン」はさっぱりして気持ちがいい!
・今日は「朝シャン」したから、夜はお風呂に入らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。