「当たり前田のクラッカー」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「当たり前田のクラッカー」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「当たり前田のクラッカー」について説明します。

「当たり前田のクラッカー」ってどんな意味か知ってる?

「当たり前田のクラッカー」ちいう言葉について解説していきます。
中年以降の年代の方が、「当たり前」という際にコミカルに「当たり前田のクラッカー!」と言うことがありますね。
当たり前と言っているのは誰でも理解出来ます。
でも、何でクラッカーが付くのか?不思議に思いながら、そのままになっている方が多いのではないでしょうか。
くだけた雰囲気の場で使われるので、その場で聞いても差し支えは無いです。
でも、由来を前もって知っておくと楽しい言葉なので、簡単にご紹介します。

「当たり前田のクラッカー」の意味

「当たり前」や「当然です」を、もっと強調してコミカルに言う言葉です。
由来を書きますと、前田とは前田製菓という会社名の略。この前田製菓のクラッカーのCMでの言葉でした。セリフを言ったのは藤田まことさんです。
昭和30年代にテレビで『てなもんや三度笠』というコメディー時代劇に出演していた藤田さんは、番組内で「おれがこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー!」と言いながら、スポンサーの前田のクラッカーを出していました。このギャグが当時大流行したのです。ですから、このセリフがつい出てくる方は、50代後半から60代以上の年齢の方になるでしょう。親しみを込めて言っているのですから、あまり怪訝な顔をしないで下さいね。
前田のクラッカーは、現在も販売中です。ホームページにも、ちゃんとこのセリフが載っています。シンプルでさっぱりしていて、おいしいクラッカーのようです。

「当たり前田のクラッカー」の使い方と例文

「○○さん、意外とやりますね~!」「当たり前田のクラッカー!」
「領収書、いるんですか?」「当たり前田のクラッカー!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。