「冷コー」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「冷コー」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「冷コー」について説明します。

「冷コー」ってどんな意味か知ってる?

「冷コー」という言葉について解説をしていきます。
冷コーというのは日常生活でそこまで頻繁に使う言葉ではないですけど、特定のお店などに行ったとき、特に喫茶店に行ったときに使う可能性がある言葉です。
しかし、冷コーという言葉を知らない人もいるため、実際使うと通じないケースもありえるのです。
冷コーという言葉の意味やどんなときに使うのが普通なのかについて知っておくと良いと思います。

「冷コー」の意味

冷コーというのは「アイスコーヒー」のことです。
ただ、全国的に使われている言葉ではなく、主に関西において使われていた言葉と言えます。
それが周辺の地域に波及していったので関西以外の地域でも使われることがありますが、全員が理解できる言葉ではありません。
一般的には喫茶店などで使いますが、冷コーを使用するときには注意が必要です。
冷たいコーヒーという意味から、アイスコーヒーという意味合いになっているのですが、現代では喫茶店などで冷コーと注文しても通じないケースが考えられます。
特に若い世代は冷コーという言葉に馴染みがないため、こういった言葉を使うことは考えづらいです。
冷コーという言葉ではなく、アイスコーヒーという言葉が一般的なため、全員が理解できる言葉ではないという認識が必要です。

「冷コー」の使い方と例文

・喫茶店に入ったら何を注文しようかな。冷コーが良いかな。
・ここの冷コーはすごい美味しいから、絶対に飲んでみた方が良いと思う。
・暑い季節はやっぱり冷コーに限るな。冷たい飲み物はいろいろあるけど、僕は冷コーが最も好きなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。