「写メ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「写メ」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「写メ」について説明します。

「写メ」ってどんな意味か知ってる?

「写メ」という言葉について解説していきます。
「写メ」という言葉はよく耳にする言葉の一つだと思いますが、ニュアンスで使っていて詳しい意味や語源を知らない方も多いのではないでしょうか。
最近は、スマートフォンの普及により、誰でも携帯電話で写真を取れるようになり、簡単に写真を送受信することができるようになりました。
そんな中、写真を撮って送るという意味を表す言葉も新しく増えてきています。
今一度、「写メ」という言葉の意味をきちんと確認してみましょう。

「写メ」の意味

「写メ」とは、もともとJ-PHONE(現在のソフトバンク)という携帯電話業者が行なっていた携帯電話向けサービスの「写メール」の略です。2000年頃にカメラ付き携帯電話の普及とともに広がりました。写メールなどのサービスを使って、カメラ付き携帯電話で撮影した画像を添付し、携帯電話の電子メールで送信することです。また、送信を前提としない場合でも、携帯を使って行う撮影を指すことにも使われるようになりました。略語ですので、主にカジュアルな場面で使われています。
写メールは、おそらく「写真」と「メール」を組み合わせた造語ですが、最近では、スマートフォンを使った連絡手段は、メールではなくLINEなどのSNSアプリを使って行うことが一般的となっているため、「写メ」という言葉を使う若者は減ってきているようです。ですので、ガラケー時代を知らない世代とのやりとりには、「写メ」ではなく「写真」を使った方がわかりやすく伝わりそうです。

「写メ」の使い方と例文

・この間の請求書大至急、写メで送って。
・記念にここでみんなと一緒に写メ撮ろう。
・この景色綺麗だから写メろうよ。
・ラーメンおいしそうだから写メってたら、冷めちゃった。
・この間の旅行の時の写メ見る?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。