「冗談はよしこちゃん」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「冗談はよしこちゃん」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「冗談はよしこちゃん」について説明します。

「冗談はよしこちゃん」ってどんな意味か知ってる?

「冗談はよし子ちゃん」は「冗談はよして下さい」と強く言うより、少し受けが良いようにアレンジして言うフレーズのことです。
そうすることで冗談を言った人は「そうか、分かった」とすぐに引っ込むことが出来ますが、強く言ってしまいますと、角が立ち喧嘩になるかも知れません。
冗談にも悪趣味な意図的なものもありますので、そのような時には強く言ってもいいかもしれません。
悪意が無い冗談の場合は軽く「冗談はよし子ちゃん」というと笑いが起きるのです。

「冗談はよしこちゃん」の意味

はたして「冗談はよし子ちゃん」は自然発生的な言葉なのでしょうか。
よく分からない面もありますが、一説では漫画家の鈴木由美子氏の「ジョーダンはよしこちゃん」という作品が引き金になって広まったということが言われています。
失礼ながら鈴木氏のオリジナルなのか、当時からあった言葉なのかはハッキリとは分かりませんが、冗談を軽くいなす言葉としては最適なものと思われます。
鈴木氏の創作言葉には「白鳥麗子でございます!」「Eかもしんない」「イケイケ!バカオンナ」など多くのフレーズがありますので、「冗談はよし子ちゃん」も創作であるとと考えることが自然です。
現在では死語にはなっていますが、中高齢者にはなじみの言葉なります。

「冗談はよしこちゃん」の使い方と例文

・年を感じている女性に「いつお綺麗ですね」などと言おうものなら「冗談はよし子ちゃん」と切り返されそうです。
・「冗談はよし子ちゃん」は人により使い分けた方が無難です。
・「冗談はよし子ちゃん」と同じように「冗談はよしおちゃん」という言葉も生まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。