「ヤンママ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「ヤンママ」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「ヤンママ」について説明します。

「ヤンママ」ってどんな意味か知ってる?

「ヤンママ」という言葉の意味について解説をしていきます。
子育てをしている母親の一部に対して使われる言葉ですが、割合としてはそこまで高いわけではありません。
しかし、街中を歩いているとヤンママに該当すると思われる母親が散見されることもあるので、普段の生活の中で十分に発見することができる可能性があります。
普通の母親とヤンママの違いとはどんなところにあるのかについて深く知っておくと見分けやすいので、定義について理解しておくと良いです。

「ヤンママ」の意味

ヤンママとは「見た目がヤンキーのように見える母親」という意味の言葉です。
ヤンキーとママという言葉を合わせてヤンママですが、ヤンキーというよりはギャルに見えるようなケースも含まれます。
ヤンママとそうじゃない母親の区別としては、明確な定義はないものの髪の毛を明るい色に染めていて、化粧がやや派手で、ファッションがヤンキーっぽいという点が重要です。
また、ヤンママと呼ばれるケースは年齢が若くて10代や20代前半であるということがほとんどなので、その点がヤンママの定義としては大きいと言えます。
ヤンママと言えるかはどうかについてはそういった見た目の部分が非常に大きく、もちろん主観的な判断も大いに含んでしまうのです。

「ヤンママ」の使い方と例文

・近所の公園にヤンママの集団が子供を遊ばせている。
・ヤンママは見た目が若いから、とても母親には見えないような風貌であると言える。
・若くして結婚した人が多いから、相手の男性も若いだろうしヤンママは何かと苦労することが多い気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。