「チョメチョメ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「チョメチョメ」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「チョメチョメ」について説明します。

「チョメチョメ」ってどんな意味か知ってる?

「チョメチョメ」は変な感じの言葉に聞こえますが、テレビ番組でよく耳にする言葉から放送出来な言葉やクイズでの答えを伏せておく場合に使われているようです。
「一体チョメチョメとは何でしょうか」などと使われます。
しかし、すべてが「チョメチョメ」ではないことに注意が必要で、局により使い分けている節がありますので、「チョメチョメ」には著作権らしきものがあるのかも知れません。

「チョメチョメ」の意味

「チョメチョメ」は1980年代に放送されました「アイ・アイゲ―ム」というクイズ番組で司会者の山城新伍氏が答えである伏せ字を言うのに使った言葉です。
似たような言葉としましては「ナニナニ」「マルマル」「ホニャララ」などがありますが、それぞれのクイズ番組独自の言葉として使われています。勝手に他の言葉を使うことは出来ないようで、それぞれ工夫して使っています。
山城氏は「チョメチョメ」を別の意味で男女がいちゃつく場合にも言うようになりました。
「なんとかかんとか」「なんちゃらかんちゃら」なども新たに登場し、これからも新しい伏せ字を音声化する言葉が生まれるかも知れません。
時代により流行り廃れを感じるのですが、山城氏も亡くなり「チョメチョメ」も死語になりつつあります。

「チョメチョメ」の使い方と例文

・「チョメチョメ」は伏せ字を表す草分けの言葉として印象があります。
・「チョメチョメ」というと何か嫌らしいことを連想してしまいます。
・「チョメチョメ」からいろいろな伏せ字を表す言葉が出てきました。
・「チョメチョメ」は山城新伍氏の専売特許です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。