「タメ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「タメ」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「タメ」について説明します。

「タメ」ってどんな意味か知ってる?

「タメ」という言葉について解説していきます。
日常会話でよく耳にされる方も多いとは思いますが、その意味や由来をご存知でしょうか?
何気なく日常で使っている言葉でも本当の意味を分かっていなかったりすることってよくありますよね。
今回「タメ」についてしっかり理解することで日常会話でちょっとしたネタにすることができます。
なぜ「タメ」がこのような意味なのかしっかりと理解していきましょう。

「タメ」の意味

「タメ」という言葉は同い年だったときによく使われる方が多いことだと思います。
なぜ同い年だと「タメ」と言われるのか不思議だと思いませんか?すごく語呂がよく言いやすい為
ついつい使っていても何故そう言われているのか、そこを紐解いていきたいと思います。
「タメ」というのは、元々賭博(とばく)用語として使われていたようです。サイコロを振って同じ数字
が出ることを「タメ」と呼ぶそうです。日常会話で使う「タメ」は俗に同い年や同い年の人を指す言葉と
して使われております。また同い年の人に接するように敬語を使わず砕けた話し方を「タメ口」や「タメ語」
といいます。「タメ」という言葉は「同じ」という意味を持つ言葉として使われているようです。

「タメ」の使い方と例文

・「○○さんって、おいくつですか?」「私は〇〇歳です。」「あ、私も○○歳です。じゃあタメですね。」
・仲良くなったしそんなにかしこまらなくて「タメ」口でいいよ。
・先輩にタメ語使うとかダメでしょう。ちゃんと敬語つかいなさいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。