「シミーズ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「シミーズ」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「シミーズ」について説明します。

「シミーズ」ってどんな意味か知ってる?

「シミーズ」というものを知っていますか。
もしかしたら男性には聞き覚えのない言葉かもしれません。
ここでは、この、シミーズについて解説をしていきます。
日常会話でも、ビジネスシーンでも、なかなか耳にする機会がないという人も、もしかしたらいるかもしれません。
しかし覚えておけば、この言葉が登場したときに「どういう意味だろう」と戸惑うことはないでしょう。
それではさっそく、意味について見てみましょう。

「シミーズ」の意味

「シミーズ」とは、もともとは、フランス語です。
つづりは”chemise”となり、日本語では、「シミーズ」「シュミーズ」と発音されます。
このシミーズとは肌着のことです。
古くは男性用もありましたが、現在は女性の肌着として定着しています。
シミーズは直接身につけるもので、保温や、上に着る衣類を汗や油から守る実用的なものです。
形としてはスリップとも似ており、肩紐は細く、筒型が胴を緩やかに覆うものが一般的です。
スリップは本来ドレスを着こなすために作られたものとなるため、似てはいるものの、用途が違っています。
ただし最近では「シミーズ」が一般的ではなくなり、よくスリップと混同されているケースが見受けられます。

「シミーズ」の使い方と例文

・母から頼まれて、デパートにシミーズを探しに行った。
・上に着る衣類に汗がつくのが嫌なので、祖母はシミーズを愛用している
・最近では、以前と比べると、シミーズやスリップを着る人は、とても少なくなってきている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。