「ガングロ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「ガングロ」という言葉について知っていますか?
この記事では「ガングロ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「ガングロ」って?

「ガングロ」という言葉の意味について解説していきます。
時代の流れで、あまりこの言葉を聞くことも少なくり、最近ではこの言葉自体あまり良いイメージを持たない方もいるのではないかと思います。
「ガングロ」と言っても、皆さん正しい意味をご存知ないのではないのでしょうか?
ここではそんな「ガングロ」という言葉の意味や使い方について紹介していきます。
ぜひ最後までご覧いただいて、皆さんの知識の一つにしていただけたらなと思います。

「ガングロ」の意味について解説

「ガングロ」とは「肌を黒く焼いたファッションスタイルの女性」を指す意味の言葉となります。

「ガングロ」は1990年代後半から2000年代にかけて、日本人の若年層(10代?20代)の女性の間で大流行し、当時の10代?20代の女性が、金髪やオレンジ色など明るい色に髪の毛を脱色し、肌を黒く焼くファッションというのがいわゆる「ガングロファッション」ということとなります。
ガングロファッションの中心地は、渋谷や池袋で、現在でもその文化がその地域では根付いています。

「ガングロ」の語源は諸説あるが、「ガンガン黒い」からきているそうです。(顔面が黒い→顔黒→ガングロという説もある)

「ガングロ」から発展したスタイルもあり、「ヤマンバ」や「マンバ」というものもあり「ガングロ」に興味が湧いてきたら「ヤマンバ」「マンバ」についても調べてみるのも良いのではないでしょうか?ファッションだけでなく、時代の流れなども感じることができるのではないかと思います。

「ガングロ」の使い方と例文で紹介

・ガングロにする
・あそこのギャル、ガングロじゃね?
・いまどき、ガングロとか流行んないよね
・私、ガングロに目覚めちゃった
・ガングロは、私には似合わない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。