「アムラー」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「アムラー」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「アムラー」について説明します。

「アムラー」ってどんな意味か知ってる?

「アムラー」という言葉について解説していきます。
「アムラー」とは社会現象にまでなった言葉で、若者の間で絶大な人気を誇った歌手の安室奈美恵さんのファッションを真似する若い女性たちのことを指します。
1996年には「新語・流行語大賞」でトップテンに入賞しているほどの言葉ですが、今後このような言葉が生まれるほどのカリスマ性を持ったアーティストは出てくることはないのではと思うほどセンセーショナルを巻き起こした言葉です。

「アムラー」の意味

「アムラー」とは、「安室奈美恵」と英語の「-er」(~する人)を掛け合わせて作られた造語です。
元々、ファッションブランドのシャネルを愛好する人達のことを「シャネラー」と呼んでいたことに起源するとも言われています。
当時若者に絶大な人気を誇った安室奈美恵さんは楽曲だけでなく、そのファッションや生き様でも多くの人気を得ていました。「自分も安室ちゃんのようになりたい!」と多くの若い女性が憧れました。
その憧れを具現化したのが「アムラー」たちです。
安室奈美恵ファッションの代名詞、ミニスカート、厚底ブーツ、茶髪のロングヘア、日に焼けた肌、細眉を取り入れ、一時期、渋谷の街はアムラーたちであふれかえるほどでした。

「アムラー」の使い方と例文

・20代の頃、安室奈美恵が大好きで当然アムラーでした。
・アムラーだった頃のミニスカートはもう履けません。
・眉毛細すぎるよ。アムラーじゃないんだから。
・まだ厚底ブーツ履いてるの?アムラー世代だから仕方ないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。