「アベック」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「アベック」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「アベック」について説明します。

「アベック」ってどんな意味か知ってる?

「アベック」という言葉について解説していきます。
国内では多くの場合、男女関係を表す言葉として、長きにわたって使われてきました。
しかしながら、現在は「アベック」という言葉を口にすると、途端におじさん・おばさんと見なされてしまうぐらい、古い言葉と認識されています。
「アベック」のもともとの意味はどのようなものなのか、そしてどのような使われ方をされてきたのかを理解しておきましょう。

「アベック」の意味

「アベック」は、もともとフランス語の「avec」に由来し、「二人または二つのものが一緒に行動すること」というのが本来の意味です。また、「連れ合いの一組の男女」という意味もあります。大正時代に「アベック」が国内に入ってきたと言われ、それ以降、バブル時代に至るまで、「連れ合いの一組の男女」という意味がクローズアップして使われるようになり、「アベック」=「仲睦まじい男女」という認識が浸透していきました。その後、「カップル」という言葉が広まっていき、「アベック」は姿を消していき、いつの間にか死語になっていきました。
しかしながら、もとの意味では、「同性のもの(あるいは複数のもの)でも二つ一緒ならアベック」と表現される訳ですから、「A選手とB選手がそろってアベックホームラン」のような形で、現在では主にスポーツ界で使われることが多いです。

「アベック」の使い方と例文

・丘の上からの景色がキレイなあの公園では、夜になるとたくさんのアベックが集まって、みんな各々イチャイチャしているね。
・うちの学校はサッカーの強豪校で、先月の県大会では男女そろってアベック優勝を果たしたんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。