「アッと驚く為五郎」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「アッと驚く為五郎」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「アッと驚く為五郎」について説明します。

「アッと驚く為五郎」ってどんな意味か知ってる?

「アッと驚く為五郎」とは一体何なのでしょうか。
年配の人ならば皆知っているフレーズですが、今時の若者にはきっと訳が分からないでしょう。
ドリフターズが出てくる前の時代は全員が何等かの楽器演奏をしていたクレージーキャッツの人達が目に浮かびます。
リーダーはハナ肇でした。他にはかの植木等、谷敬、犬塚弘、安田伸、石橋エータロー、桜井センリの7人でした。
ハナ肇はドラム担当でチームを引っ張りおどけたコントがバカ受けしたことはご承知のことです。

「アッと驚く為五郎」の意味

「アッと驚く為五郎」は日本テレビの「巨泉×前武のゲバゲバ90分」から出た言葉で、ハナ肇が番組の中で叫んだフレーズになります。
ハナ肇の口癖であったこの言葉は麻雀で役満を振り込んでしまった時に思わず叫んでしまうので、これは面白いということで人気になりました。
「為五郎」とはハナ肇がお気に入りの浪曲「石松代参」の中に出てくる「本座村為五郎の悪事」に出ている人から付けられたと言われています。
「アッと驚く為五郎」は面白いので皆が何かに驚いた時に真似をしたものです。
1970年代には映画になり5本も作られました。
「坂東為五郎」役のハナ肇が主人公のコメディで「男はつらいよ」と同時放映されていたそうです。また、コミックソングも作られています。

「アッと驚く為五郎」の使い方と例文

・何でも驚いた時にアッと驚く為五郎と言うので皆が面白がりました。
・アッと驚く為五郎と叫ぶと何か時代に乗っている感じになったものです。
・今でもアッと驚く為五郎と聞くとハナ肇の顔を思い出し懐かしく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。