「アウトオブ眼中」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「アウトオブ眼中」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「アウトオブ眼中」について説明します。

「アウトオブ眼中」ってどんな意味か知ってる?

「アウトオブ眼中」という言葉について解説していきます。
この言葉は、80年代から90年代にかけて日本の若者の間で流行した言葉です。
そのため、現在の20代や10代の方にはこの言葉を聞いたことがないという方もいるかもしれません。
フランクな場面で使われる事が多い言葉のため、ビジネスの場や目上の方への使用は避けたいところですが、
親しい仲間同士で使える言葉なので、是非意味を理解して使ってみてください。

「アウトオブ眼中」の意味

「アウトオブ眼中」とは、英語の「out of」と「眼中」を組み合わせたとてもキャッチーな響きの言葉です。
「out of」という熟語には、「~から外れた、~から外れて」という意味があるので、直訳すると「眼中にない」という意味になります。
そのため、「アウトオブ眼中」は「論外」「興味が無い」という意味で使われます。
しかし、この言葉はとてもフランクな言葉で、本気で論外であるという事を示すというよりは
仲間内の間で軽く相手をからかう時に使われることや、あまり好きではない物、恋愛対象外ではない異性に対して使っていることが多いです。
しかし、この言葉には「馬鹿にされている」と受け取ってしまわれる可能性もあるので、使う際には注意が必要です。
親しい仲間同士での会話の際に使うことをおすすめします。

「アウトオブ眼中」の使い方と例文

・職場の先輩のことをみんなはかっこいいって言っているけど、私はアウトオブ眼中だな。
・私はパスタの中ではカルボナーラが大好きで、それ以外はアウトオブ眼中。
・おしゃれな人が好みだから、ファッションに興味のない男性はアウトオブ眼中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。