「ちょっとタンマ」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「ちょっとタンマ」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「ちょっとタンマ」について説明します。

「ちょっとタンマ」ってどんな意味か知ってる?

最近では聞く機会の少なくなった、「ちょっとタンマ」という言葉について、解説していきます。
ビジネスシーンで耳にすることは、現在では、ほぼないといっても過言ではないでしょう。
現在でもこの言葉を使用するのは、中高年以上のかたが多くなっています。
聞きなれない言葉だと「なんだろう」と思いますよね。
そこで、この言葉の意味や、語源について解説しますので、ぜひご覧ください。

「ちょっとタンマ」の意味

「ちょっとタンマ」とは、「ちょっと待って」というときに使う言葉です。
あわてている人から聞かされることも多いのではないでしょうか。

さて、この「タンマ」という言葉の語源には、
・英語の「Time out」(待った)という言葉がなまったものである
・「いったん待つ」が省略されたものである
・短いあいだ、を意味する「短間」という言葉が使われている
などいろいろな説があるのですが、明確な語源は、はっきりしていません。

いずれにせよ、「短時間待ってほしい」、という状況のときに使う言葉です。
もちろん、この「ちょっとタンマ」は、非常に砕けた表現であるため、敬語としては使うことはできません。
そのため、目上の人に使うのは避けましょう。

「ちょっとタンマ」の使い方と例文

・ちょっとタンマ、この処理、すぐ終わらせるから!
・書類を運ぼうとしたら「ちょっとタンマ」と待たされてしまった。
・あのひとは、何か頼んでも、「ちょっとタンマ」と言ってばかりで、絶対すぐに動いてくれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。