「おやじギャル」ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

「おやじギャル」という言葉について気になっていませんか?
年齢によっては知っている方もいると思いますが、若い方だと知らないという人もいるのではないでしょうか。
また、聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人も多いかと思います。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「おやじギャル」について説明します。

「おやじギャル」ってどんな意味か知ってる?

1990年代に流行語となった「おやじギャル」
バブル期にバリバリ働く若い女性がおじさんくさい言動をとる
言葉でこれを産み出したのは漫画家の中尊寺つゆこさん。
雑誌の「SPA!」で連載されていた漫画「スイートスポット」の中で生まれたもの。
当時の流行語大賞にも受賞し、勢いよく広まっていった。
何となく意味は分かる気がしますが、
本来の意味や使い方を紹介しますのでぜひご覧になってください。

「おやじギャル」の意味

おやじギャルとは、おやじのようなギャルを略した言葉で年が若い女性がおやじのような行動をとる事を指します。
1990年代バブル期当時、女性の社会進出が急激に始まり、働くOLたちはそれまでのおやじの趣味、屋台やガード下でお酒を飲む、駅の立ち食いソバや牛丼を平気で食べる、疲れたら栄養ドリングを一気飲みする、パチンコや競馬などのギャンブルにもどんどん手を出していった。その現象を中尊寺つゆこさんがリアルに漫画の中で表現した。
また現在では大口を開けて笑ったり、下ネタを言ったり、一人で飲みに行ったりするおっさん気質のある女性を「おっさん女子」と言われ、おやじギャルのような特徴をもった女性は現代でも引き継がれているようです。

「おやじギャル」の使い方と例文

・おやじギャルと言われる事があるけど全然気にしない
・おやじギャルでもいくらなんでもそれだけはやめてほしい
・おやじギャルは男性にはモテない
・あの子はおやじギャル気質がある
・昔はおやじギャルであふれていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。