「てれこ」とは?意味・使い方・例文を紹介

「てれこ」という言葉について知っていますか?
この記事では「てれこ」の意味や使い方について紹介していきます。
例文も紹介しますので、意味をマスターしていってください。

「てれこ」って?

「てれこ」という言葉について解説していきます。
この言葉は私の住んでいる関西ではよく耳にする当たり前のような言葉ですが、実はある特定の業界などでも比較的頻繁に使われている言葉です。
地方によってはこの「てれこ」と同じような使い方をする別の言葉もあります。
この「てれこ」という言葉の意味や語源、また違う言葉で表現するとどういった言葉になるか、またどんな業界で使われる言葉なのかについてこれから紹介していきたいと思います。

「てれこ」の意味について解説

「てれこ」という言葉には意味は2つあります。
1つ目の意味は「互い違い」、「食い違い」、「あべこべ」といった意味になります。
2つ目の意味としてはテープレコーダーの略称であります。
ただこの2つ目の意味としては時代とともにほどんど使われることがなくなっています。
この言葉ですが語源は歌舞伎用語です。
2つの異なる節を1つの脚本にまとめて一幕おきに交互に展開していく演出のことを「てれこ」と言っていました。
この「てれこ」という言葉は関西地方で多く聞く言葉ですが、アパレル業界やファッション業界、物流業界、テレビ業界でも使われる言葉です。
このうち先ほど述べた1つ目の意味でつかわれるのが物流業界とテレビ業界です。
しかしアパレル業界やファッション業界ではこの意味ではなく、記事や素材の種類の1つとなっている言葉です。
地方によってはこの「てれこ」と同じような使い方で「いれこ」と表現するところもあります。

「てれこ」の使い方と例文で紹介

・この2つの荷物の伝票がてれこになってるやないかい
・この貼ってある紙、上下がてれこになっとるで
・これとこれ、てれこにしやすいから気をつけてな
・あなたのシャツ、てれことちゃうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。