阿鼻地獄(あびじごく)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

阿鼻地獄(あびじごく)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「阿鼻地獄(あびじごく)」について説明します。

阿鼻地獄(あびじごく)ってどんな意味?

「阿鼻地獄」という言葉について解説していきます。
社会の規律を守って生活している方々は、なかなか使わないですし、言われることもない言葉です。
文字を読んでの通り、地獄に行くようなことを指します。
人間何が引き金になって大罪を犯してしまうかわかりません。
しっかりと理性を保って、楽しく毎日を過ごしていきたいですね。

あまり使うことはない言葉でしょうが、知識としては頭に入れておいてもいいのではないでしょうか。

阿鼻地獄(あびじごく)の意味

阿鼻地獄とは、簡単に言うと「最悪の地獄」のことを意味する言葉になっています。
なので、社会の規律を守って生活している方々は、
あまり使うことはないでしょうし、言われることもない言葉でしょう。

詳しく記載しますと、

仏教用語の一つで、八熱地獄(八大地獄)の一つを指しています。
無間地獄(むけんじごく)ともいい、最悪の地獄を意味しており、
母を殺す、父を殺す、阿羅漢(尊敬を受けるに値する者)を殺すこと、などの5種類の最悪の罪(五逆罪)で、
最も重い罪を犯した者が赴く場所のことを意味しています。

その地獄では、絶え間なく苦痛を受け続け、
それを逃れることができないとされています。
普通の地獄に比べて、千倍は苦しいらしいです。

阿鼻地獄(あびじごく)の使い方と例文

・仏教の世界の中では、最も重い罪を犯した者は阿鼻地獄へとおちるとされています。
・彼は、小さいころから万引き、恐喝などを行っており、ついに殺人まで犯してしまった。
彼は間違いなく阿鼻地獄へと落ちるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。