阿鼻叫喚(あびきょうかん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

阿鼻叫喚(あびきょうかん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「阿鼻叫喚(あびきょうかん)」について説明します。

阿鼻叫喚(あびきょうかん)って?

「阿鼻叫喚」という言葉について解説していきます。
日常生活ではなかなか使わない言葉ですが、ネットやニュースなどでよく耳にするかたもいるかもしれません。
特に事故や災害など、現場の悲惨な状況を例える言葉として使われることが多いのではないでしょうか。

割と良くない意味で使われることが多い「阿鼻叫喚」という言葉ですが、
その由来や意味・使い方を紹介していきますので、ぜひご覧になってください。

阿鼻叫喚(あびきょうかん)の意味

阿鼻叫喚はもともと仏教用語で、仏教における八大地獄「阿鼻地獄」「叫喚地獄」に由来します。
阿鼻地獄は絶え間なく焼かれ続け苦しみを与えられる地獄、別名無間地獄とも呼ばれます。
叫喚地獄は煮えたぎる釜で茹でられ、泣き叫び続けるという地獄です。

これらの由来から阿鼻叫喚とは「悲惨な状況に苦しみ、泣き叫ぶ様子」という意味の言葉になっています。
またここから転じて、人々が怒号し収拾がつかない様子などを表すようにもなりました。

阿鼻叫喚の類語には修羅場や地獄絵図などがあり、どの言葉も悲惨で酷たらしい状況を指す言葉として使われます。
「阿鼻叫喚の地獄絵図」のように、悲惨な状況をより強調するために使われることもあります。

阿鼻叫喚(あびきょうかん)の使い方と例文

・火災現場は人々が逃げまどい、阿鼻叫喚の地獄と化した。
・阿鼻叫喚を極める中、行政の機能が麻痺し、救助の手が回らない状況だ。
・人身事故による運休で、改札口が阿鼻叫喚と化している。
・突然の通貨下落により、市場は阿鼻叫喚の地獄絵図となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。