衣帯不解(いたいふかい)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

衣帯不解(いたいふかい)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「衣帯不解(いたいふかい)」について説明します。

衣帯不解(いたいふかい)ってどんな意味?

この言葉は普段日常生活であまり使われないですが、忙しい社会人・ビジネスマンなどが社会生活の中で、このような状態に陥っている人は多いのではないでしょうか。
「仕事に忙しすぎて衣帯不解な状態」など言葉自体は最後の文末に多いと思います。
この言葉を知らない人も多いと思うので、意味を知っておけば今の自分や今現在の日本人が多くその状態になってることだと気付くと思います。

衣帯不解(いたいふかい)の意味

衣帯不解は、「あることに非常に専念すること。衣服を着替えることもせず、不眠不休で仕事に熱中すること」という意味があります。
一つのことに対して集中して日常生活においておろそかになる状態を示しています。
「衣帯」は着物と帯。「衣帯(いたい)解(と)かず」と訓読します。
また、不解衣帯(ふかいいたい)」と同じ解釈となります。
だからこの言葉は仕事だけじゃなく、なんでも趣味や好きなことに対しても使うことができると思います。
しかしその状態になると熱中しすぎて周りが見えなくなって、日常生活に支障がでて困難になってしまいます。
一つのことに対して集中することは別に悪いことではないと思うが、他のこともおろそかになってしまっては
良くないことだとこの言葉は伝えていると思います。

衣帯不解(いたいふかい)の使い方と例文

・仕事が多すぎて、衣帯不解になる。
・好きな子ができて、その子に衣帯不解になってしまう。
・テスト勉強するために、衣帯不解になる。
・趣味に没頭して衣帯不解な状態になる。
・衣帯不解で着るものもおろそかになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。