異国情緒(いこくじょうちょ)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

異国情緒(いこくじょうちょ)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「異国情緒(いこくじょうちょ)」について説明します。

異国情緒(いこくじょうちょ)ってどんな意味?

「異国情緒(いこくじょうちょ)」という言葉について解説していきます。
この言葉は、外国らしいその場の雰囲気や感情を表す言葉としてよく使われています。
海外の料理を提供するレストランで「異国情緒を感じる店内ですね」などという感想を
言っている方を見たことがあるかもしれません。
このように、言葉では言い表しがたい海外の素敵な文化に触れたときなどにはこの言葉がとても使えるので、是非意味や使い方を覚えてください。

異国情緒(いこくじょうちょ)の意味

異国情緒とは、「外国らしい雰囲気や感情」を指す言葉です。
自分の住んでいる国とは違う雰囲気を感じたり、見たりしたときに使う言葉です。
主に、感想を述べる時などに使いやすいです。
それぞれ「異国」はあなたの住んでいる国とは異なる国を指します。
また、「情緒」は、人間の感情やその場の雰囲気などを指していて、形は見えないけれど醸し出している雰囲気を表す時に使われる言葉です。
例えば、あなたが日本に住んでいる日本人で、海外旅行に行った際に
日本とは全く異なる町並みや食文化に触れ、感動したとします。
その時の感情を「異国情緒を感じた」というように表す事が出来ます。
現地に行ったときに限らず、海外文学に触れた際や、外国の伝統料理を食べた時など様々な外国を感じるシーンで使う事が出来ます。

異国情緒(いこくじょうちょ)の使い方と例文

・このインド料理店の装飾はとてもきらびやかで異国情緒を感じる。
・日本からヨーロッパに旅行に行った際に、町並みに異国情緒を感じて感動した。
・この海外文学作品は、海外の日常生活についての描写が細かくて異国情緒を感じられる作品だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。