暗中模索(あんちゅうもさく)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

暗中模索(あんちゅうもさく)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「暗中模索(あんちゅうもさく)」について説明します。

暗中模索(あんちゅうもさく)ってどんな意味?

今回は「暗中模索」という言葉について解説していきます。
「暗中模索」という言葉には、「暗」ということばが入っているため、暗いイメージ、ネガティブなイメージを持つかもしれないですが、そうではありません。実際は、積極的な、ポジティブなイメージで使われる四字熟語なのです。
これから、この言葉の意味や、使い方などについて説明していきたいと思いますので、是非ご覧ください。

暗中模索(あんちゅうもさく)の意味

「暗中模索」とは、「暗がりの中を歩くように、何も見当が付かないような状態で、適切な方法を見つけるためにいろいろな方法を試すこと」という意味です。「模索」は「摸索」と書くこともあります。
この類義語に当たるのが「五里霧中」で、「物事の判断ができず、方針を立てられないこと」という意味があります。中でも「暗中模索」には、暗闇のような状況下でも「必死に答えを探して努力している」というニュアンスがあります。対して、「五里霧中」は同じような状況で「迷っている」という意味合いが強いので、似てはいますが、若干ニュアンスが違うところがあります。
生活している中で、正解が分からず、手探りになることもあると思います。そんな中でも諦めずに自分なりの正解を見つけ、挑戦し続けていきたいですね。

暗中模索(あんちゅうもさく)の使い方と例文

・その会社は新商品を開発するために、暗中模索している。
・彼女はしばらくの間暗中模索の状況にあったが、先生の助けをきっかけに、解決策を見つけたようだ。
・学問をするものにとって、若いころの暗中模索は決して無駄ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。