愛別離苦(あいべつりく)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

愛別離苦(あいべつりく)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「愛別離苦(あいべつりく)」について説明します。

愛別離苦(あいべつりく)ってどんな意味?

「愛別離苦」という四字熟語について今回はご説明します。
「愛別離苦」というのはあまり日常で聞くということはありませんし、ビジネスなどにおいてもあまり活用することはありませんが、この言葉を覚えておくことで感情表現が広がって行きます。
愛と別という言葉が組合わさっている言葉であるため、その意味もまた深いものです。
「愛別離苦」の意味や使い方などについて詳しくご紹介します。

愛別離苦(あいべつりく)の意味

「愛別離苦」というのは特に深い悲しみの表現として用いられます。
「愛別離苦」には愛する人と離別することによって、苦しいほどの深い悲しみを感じていることを表しています。
仏教のなかで言われている、八種類の苦しみの一つであると言われている四字熟語です。
「愛別離苦」は「愛別離」と「苦」という言葉が組合わさった言葉です。
「愛別離」は愛する人と死別などによって離別してしまうことを意味しています。
「苦」は苦しい状況を表しています。
そのため、家族やペットなどさまざまな愛する人と死に別れてしまったり生き別れとなってしまい、そばにいないこと現実に対して、強い苦しみを伴う悲しみを感じて落ち込んでしまっている心境を意味しています。

愛別離苦(あいべつりく)の使い方と例文

・幼い頃から一緒に過ごしていた愛犬が亡くなってしまい、愛別離苦で何も手がつかない。
・結婚を考えていた彼から別れを告げられてしまい、愛別離苦
・彼は婚約破棄をされてしまい愛別離苦で声をかけてもぼんやりしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。