意気揚揚(いきようよう)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

意気揚揚(いきようよう)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「意気揚揚(いきようよう)」について説明します。

意気揚揚(いきようよう)ってどんな意味?

日常でも頻繁に使われることがある「意気揚揚」という言葉の意味を説明することができるでしょうか。
頻繁に使われている言葉というのは、意外にも意味を理解していないということが多いのではないでしょうか。
似たような言葉と混合して間違ってしまわないように、意気揚揚について理解しておくことが必要となります。
そこで、今回は「意気揚揚」の意味をやその使い方などについてご紹介します。

意気揚揚(いきようよう)の意味

「意気揚揚」というのは、気持ちがとても高まっており、自信に満ち溢れており得意気である様子、ふるまいなどを意味しています。
「意気」というのは元気な様子であったり、意気込んでいる状態にあることを意味しています。
「揚揚」は得意そうにしている様子を表しています。
「意気揚揚と歩いている」という言葉をよく用いられますが、これはいきいきとして元気に堂々として歩いている様を表現しています。
意気も揚揚も胸を張って堂々としているイメージであるため、物事が順調であるような状態であり、自信気な状況で歩いている人を指して使われます。
意気揚揚の楊は時に洋とかかれることもありますが、どちらも同じ意味がありますので、間違いではありません。

意気揚揚(いきようよう)の使い方と例文

・試合で優勝をした人が意気揚揚と帰っていく。
・意気揚揚と現れたのに、一回戦で敗退して意気消沈している
・今日は趣味のゴルフにでかけるからか、意気揚揚と出かけていった
・意気揚揚と宝くじを買ったもののそううまくはいかないみたいだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。