意気投合(いきとうごう)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

意気投合(いきとうごう)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「意気投合(いきとうごう)」について説明します。

意気投合(いきとうごう)ってどんな意味?

「意気投合」という言葉について解説していきます。
日常会話の中やビジネスシーン、またはテレビからもよく耳にする言葉ですが、実際どのようなシーンで使うべき言葉なのか?本来使ってきた言葉の意味が間違っていないか?について詳しく紹介していきたいと思います。
よく使う、よく聞く言葉だからこそ間違った使い方を今後もしないためにも、ぜひご覧になってください。そして今後も正しい言葉の意味を知って使ってください。

意気投合(いきとうごう)の意味

「意気投合」とは互いの気持ちがぴったり合うこと、を意味します。使い方としては初対面で会った人と思わず意気投合した。のように自分以外の相手との気持ちが合致した時によく利用する言葉です。
また、意気投合の「意気」とは事をやりとげようとする積極的な気持ち。気概。意気込み、を意味します。
使い方としては「その意気で頑張れ」「人生意気に感じず」などで、気持ちの面を表すことが多いです。
「投合」とは二つのものが一つにぴったり合うこと、互いの気持ちが合致することを意味します。
意気投合とはまさしく互い( 自分と他人)の気持ちがまさにぴったりと合致して合うことを意味する言葉だとお分かりいただけたでしょうか。
気持ちが合うと言い表すよりもさらに合致した意味合いの時に使用される言葉です。

意気投合(いきとうごう)の使い方と例文

・初対面であった人と少し話をしただけで意気投合した。
・大人数で色んな意見が出るかと思ったが、全員の意見が意気投合し、成し遂げることができた。
・少しの時間で帰るつもりだったが思わず意気投合し、夜まで話は続いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。