意志薄弱(いしはくじゃく)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

意志薄弱(いしはくじゃく)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「意志薄弱(いしはくじゃく)」について説明します。

意志薄弱(いしはくじゃく)ってどんな意味?

「意志薄弱」という言葉について解説していきます。
並んだ一字一字のイメージから、一見して後ろ向きな印象を持つ方が多い言葉なのではないかと思います。
現に、「あなたは意志薄弱だ」など、人を叱るときや行動を糾弾するときにも使われる言葉でもあります。
そんなネガティブな印象を持つ言葉だからこそ、使い方には細心の注意が必要になりますよね。
詳しい意味や使用方法などを紹介していきますので、ぜひご覧ください。

意志薄弱(いしはくじゃく)の意味

意志薄弱とは「意志が弱くて決断力、忍耐力に欠けるさま」という意味を持つ言葉になっています。
周りに左右されすぎて自分の意志を貫けない様子や、一度決めたことを簡単に翻す行いなどを非難する際によく使用されています。
自分の行動に責任を持てない人などを叱るときにも使われることが多いです。
先ほど挙げた「あなたは意志薄弱だ。」と言った場合、「あなたは自分の意志が弱く、すぐ意見を翻してしまう」という意味にとることができます。
もともと
薄弱=しっかりしていないこと、弱弱しいさま
という意味を持っている言葉になります。
ただ意志が弱いと表現するのに比べても、「意志薄弱」はより一層頼りない印象を受けることになるといえます。

意志薄弱(いしはくじゃく)の使い方と例文

・簡単に諦めてしまうなんて、あなたは意志薄弱だ。
・彼の意志薄弱な態度は周囲を苛つかせてしまう。
・意志薄弱な人はこの仕事を完遂することは難しいだろう。
・己の意志薄弱さを自覚して、信用される人間になるよう努力していこうと誓う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。