悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)」について説明します。

悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)ってどんな意味?

「悪酔強酒」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
あまり日常生活のなかでは用いることがありませんが、「悪酔強酒の振る舞いだな」と言われてしまうこともあるかもしませんし、自身の言動について「悪酔強酒」と表現することができる、実は使い勝手の良い四字熟語でもあります。
「悪酔強酒」の意味をしっかりと理解し、使い方を理解することが大切です。
では、「悪酔強酒」の意味をご紹介していきます。

悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)の意味

「悪酔強酒」というのは、自身が望んでいることが実行することが相反している状態にあることを意味しています。
「悪酔」というのは、酒に酔ってしまうことは良くないことであるということを理解している状態であることを意味しています。
「強酒」は無理をしてお酒を飲む状態にあるということを意味しています。
そのため、「悪酔強酒」というのは酒に酔うことは良いことではないと理解しながらも、無理に飲んでしまう状態にあるとされています。
普段使われることはあまりありませんが、暴飲暴食や生活習慣の乱れなど良くない習慣だとわかっていながらも辞めることが出来ない状態にある時に用いられます。
「悪酔強酒」は悪酔によって酒に強くなるという意味ではありませんので、注意が必要です。

悪酔強酒(あくすいきょうしゅ)の使い方と例文

・明日こそは飲みに行くのは止めておこうと思っているのに結局行ってしまうなんて悪酔強酒だよ。
・辞めるって言いながら辞めないなんて悪酔強酒の振る舞いだね
・いつも二日酔いになったら止めようと決意するのにまた飲んじゃうよ。完璧に悪酔強酒だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。