悪口雑言(あっこうぞうごん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

悪口雑言(あっこうぞうごん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「悪口雑言(あっこうぞうごん)」について説明します。

悪口雑言(あっこうぞうごん)って?

「悪口雑言」という言葉を聞いたことはありますか?「罵詈雑言」なら聞いたことがあるでしょう。
人は時に怒りのあまり、相手のことを罵りたくなるものです。
私自身も怒りの沸点が低いので、よく同僚やパートナーにこの「悪口雑言」をしてしまうことがあります。
言葉の並びからしてあまりいい印象ではない「悪口雑言」ですが、言葉の意味を改めて知ることで無闇に使うことのないようにしていきたいものです。

悪口雑言(あっこうぞうごん)の意味

「悪口雑言」とは、「罵詈雑言」と同じく「相手のことを罵る」という意味を持っています。同じような意味合いなのですが、微妙にランクが違います。「悪口雑言」は軽く悪口を言う程度のことを指し、「あの人ムカつくよね」といったものが「悪口雑言」に値します。

一方で「罵詈雑言」は少しランクが上がって、相手を口汚く罵ることを言います。そのため、「お前なんかがいるから会社が良くならないんだこのゴミクズ!」くらいになると「罵詈雑言」になります。

最後についている「雑言」はごちゃごちゃ言うことを指しています。雑談、みたいな意味合いにとって頂いていいでしょう。前の意味合いを間違えて使ってしまうと、意味合いを知っている人からクレームになってしまうので、気をつけましょう。

悪口雑言(あっこうぞうごん)の使い方と例文

・さっき給湯室の前を通ったら課長が部長の悪口雑言を言っていたけど気分が良くない
・取引先から悪口雑言を言われてしまったから業績を立て直すのに一生懸命になろう
・君の悪口雑言を鈴木さんが言っていたけれどそれは事実無根だと訂正しておいたよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。