安居楽業(あんきょらくぎょう)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

安居楽業(あんきょらくぎょう)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「安居楽業(あんきょらくぎょう)」について説明します。

安居楽業(あんきょらくぎょう)ってどんな意味?

「安居楽業」という言葉について、説明していきます。 あまり、使うことがなく、耳なれない慣用句です。
安易学業の四字熟語の元々の由来は、漢書(かんじょ)の 貨殖伝に、収められている四字熟語から来ています。元々の漢文では、「各安其居楽其業、甘其食美其服」と、記されています。
楽な仕事で、安らかにいるという意味なのかなと、一見すると、思ってしまいがです。
間違った使い方をしないように、ここで、整理しておきましょう。
意味や使い方などをご紹介しますので、参考にしてください。

安居楽業(あんきょらくぎょう)の意味

安居とは、心安らかに暮らしている様子を表しています。
楽業は、楽しく仕事をするという意味があります。
この二つの言葉から成り立っている「安易学業」という熟語は、自身が満足の出来る安定した生活の中で、楽しんで、仕事をしている様子を表しています。
自分の地位など、今いる環境に満足し、自分に与えられた仕事を楽しんでするという意味になります。
自分の分をわきまえて、仕事に不満を持たず、心安らかに、なすべき仕事をす 様子を表しています。
転じて、そういう生活を送ることを可能にする政治の状況を指して、使われることもあります。
この四字熟語は、基本的に肯定的な意味で使われています。
しかし、競争を重視するという文脈では、否定的な意味に転じることもあります。
なぜなら、競争社会では、安定を求めることは、向上心のないことだと捉えられているからです。

安居楽業(あんきょらくぎょう)の使い方と例文

・会社の経営方針が変わってから、社員たちはみな、安居薬業の日々を送っている。
・彼は、安楽行の精神で、仕事に取り組んでいる。
・安易楽業も、いいことではあるが、競合他社に勝つためには、向上心も忘れてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。