安寧秩序(あんねいちつじょ)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

安寧秩序(あんねいちつじょ)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「安寧秩序(あんねいちつじょ)」について説明します。

安寧秩序(あんねいちつじょ)ってどんな意味?

「安寧秩序」という言葉について解説していきます。
「安寧」と「秩序」に分けてみると日常でも使うことがある言葉ですが、政治的な文脈であり口語ではあまり使われることがないかもしれません。
政治場面やスピーチなどで使用することがある「安泰秩序」という言葉なので、
間違った使い方や誤解などをしないようにここできちんと整理してみましょう。
意味や使い方などを紹介していきますので、是非ご覧になってください。

安寧秩序(あんねいちつじょ)の意味

安寧秩序とは「国家や社会が乱れることなく、無事平和におさまり安泰なようす」という意味の言葉になっています。
大日本帝國憲法にも使用されている言葉で、意味の通り国家や社会に対して用いられる言葉になっています。
それぞれ
安寧 =無事でやすらかなこと、特に、世の中が穏やかで安定していること
秩序 =物事の正しい順序、社会の諸要素が相互に一定の関係・規則によって結びつき、調和を保っている状態
という意味を持った言葉がくっついた言葉ですので、国家社会や統治に深く関連のある意味をもっているといえます。
いずれにしても、個人の状態を指すことは少なく、社会全体の様子や地域も含めた大きな集団を対象にすることが多いようです。

安寧秩序(あんねいちつじょ)の使い方と例文

・政治家だけでなく、国民一人ひとりが国の安寧秩序を目指すべきである。
・一部の国民は憲法改正によって安寧秩序が乱されると考えた。
・国の安寧秩序のために、憲法や法律が必要である。
・二度と戦争が起こらない為に、安寧秩序を乱すべきではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。