哀鳴啾啾(あいめいしゅうしゅう)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

哀鳴啾啾(あいめいしゅうしゅう)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「哀鳴啾啾(あいめいしゅうしゅう)」について説明します。

哀鳴啾啾(あいめいしゅうしゅう)ってどんな意味?

「哀鳴啾啾」という四字熟語ついて解説します。
あまり日常で聞くことがないこの四字熟語ですが、どこか物寂しそうな雰囲気を字から感じ取ることができるこの言葉。
この四字熟語はどのような状態を表し、どのようなシュチュエーションで使われる言葉なのでしょうか。
正しい使い方を理解して会話の中に取り入れられるようにここできちんと整理してみましょう。
この言葉の意味や使い方などを紹介していきたいと思います。

哀鳴啾啾(あいめいしゅうしゅう)の意味

哀鳴啾啾とは「鳥や虫たちが悲しそうに鳴いている」様子を表す言葉になっています。
それぞれ
「哀鳴」は鳥や獣が悲しそうに鳴いている様子
「啾啾」は虫が低い声で鳴いている様子
という意味を持った2つの言葉があわさった言葉です。
この2つの言葉から、夏が終わりに近づいた夕暮れ時の静けさの中、鳥や虫たちの声が聞こえているという繊細で感傷的な状況を想像できます。
日本語の美しさを感じられるとても良い響きを持っているこの言葉。是非大切な人といる時など、夏の終わりの良い雰囲気の中使いたい言葉です。
日が落ちるのが早くなり、涼しげな風が通り抜ける夏の終わり頃、その感傷的な季節感の中、会話の中にさりげなく取り入れることができればとても爽やかなやりとりができるでしょう。

哀鳴啾啾(あいめいしゅうしゅう)の使い方と例文

・哀鳴啾啾、すっかり長かった夏も終わりに差し掛かりました。
・哀鳴啾啾の今日この頃、お元気にお過ごしでしょうか。
・すっかり涼しくなり、哀鳴啾啾の夜が訪れるようになりました。
・哀鳴啾啾、あの時のことを思い出し感傷に浸っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。