哀矜懲創(あいきょうちょうそう)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

哀矜懲創(あいきょうちょうそう)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「哀矜懲創(あいきょうちょうそう)」について説明します。

哀矜懲創(あいきょうちょうそう)ってどんな意味?

「哀矜懲創」という言葉について解説していきます。
あまり見慣れない漢字の組み合わせですが、それぞれの漢字の意味を知れば、熟語全体の意味のイメージが付きやすいかもしれません。
もともとは、古代中国の書経に由来する四字熟語です。人を教え諭す時に使われる言葉で、人生のモットーにもなりうる言葉です。
以下に意味や使い方、似た言葉を紹介していきますので、ぜひご覧になってください。

哀矜懲創(あいきょうちょうそう)の意味

哀矜懲創とは、「人に懲罰を与えるには、相手を思いやる心が必要であるということ」という意味です。
「罰はその罪を悔い改め、人生に新たな道を開くためのもので、悲しみ哀れみの心をもって行うべきこと」を表しています。
読みは、「あいきょうちょうそう」です。
それぞれ、
哀矜=かなしみ、あわれむこと
懲創=こらしめること
という意味です。
似たような言葉として、「罪を憎んで人を憎まず」があります。
人の犯した罪については、憎まれるべきであるが、罪を犯した人には、愛情をもって接しましょう、という表現です。
こちらの言葉の方が、日常生活で使われることが多いと思いますが、「哀矜懲創」もぜひ覚えて、会話に取り入れてみましょう。

哀矜懲創(あいきょうちょうそう)の使い方と例文

・裁判に当たるものは、哀矜懲創の精神で事件と向き合うべきだ。
・身内に犯罪者が出たら、哀矜懲創の気持ではとてもいられない。
・彼は一貫して、哀矜懲創の姿勢で子育てに取り組んでいる。
・祖父は、私が何か悪いことをしても、いつも哀矜懲創で諭してくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。