合縁奇縁(あいえんきえん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

合縁奇縁(あいえんきえん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「合縁奇縁(あいえんきえん)」について説明します。

合縁奇縁(あいえんきえん)ってどんな意味?

「合縁奇縁」という言葉について解説していきます。
聞いてもすぐに思い浮かばない言葉かもしれませんが、漢字で書くと意味をイメージしやすいかもしれません。
縁にまつわる言葉は、「縁は異なもの味なもの」や「一期一会」などが思い浮かぶかもしれません。
あまり使われることのない「合縁奇縁」ですが、これらの言葉との違いを踏まえて使うことが出来れば、日常会話がワンランクアップしますね。
意味や使い方を以下にご紹介します。

合縁奇縁(あいえんきえん)の意味

合縁奇縁とは、「不思議な巡り合わせの縁。人と人との結びつきで、気心が合う合わないは因縁という不思議な力によるものだ」という意味です。
「縁は異なもの味なもの」は、類語として挙げられますが、こちらが男女関係について使われる一方、合縁奇縁は、男女間だけではなく、広く人間関係について使われます。
また、「一期一会」が生涯に一度出会う瞬間に対して使われるのに対して、合縁奇縁は、事実を述べる時に使われます。
それぞれ、
合縁=相性や気の合う縁のこと
奇縁=なかなか巡り合うことのない不思議な縁のこと
という意味です。どちらも縁を表しますが、ニュアンスが異なります。「愛縁機縁」「相縁機縁」と表記されることもあります。
いい意味でも悪い意味でも使われます。みなさんの周りの、驚くような縁で出会った相性のいい人や悪い人に使ってみてください。

合縁奇縁(あいえんきえん)の使い方と例文

・あのカップルはいつも仲が良いが、合縁奇縁というものだ。
・だだの同僚だったのに、まさか夫婦になるなんて、これも合縁奇縁だ。
・合縁奇縁というが、あの兄弟はいつも喧嘩してばかりだ。
・あんなに苦手だった上司が、今では一番の理解者なんて合縁奇縁だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。