以心伝心(いしんでんしん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

以心伝心(いしんでんしん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「以心伝心(いしんでんしん)」について説明します。

以心伝心(いしんでんしん)ってどんな意味?

「以心伝心(いしんでんしん)」という言葉について解説していきます。
ヒット曲のタイトルにもなったこの言葉ですが、日常生活の中でも浸透している四字熟語と言えるのではないでしょうか。
友人とたまたま同じことを考えていたことが分かった時などに「以心伝心だね!」と言い合う場面は誰もが経験したことがあるかもしれません。
プラスなイメージを与えるこの「以心伝心」という言葉ですが、実際に意味をきちんと理解して使っている人は少ないのではないでしょうか。
正しい意味をまとめて紹介しますので、是非ご覧になってください。

以心伝心(いしんでんしん)の意味

以心伝心とは「考えていることが文字や言葉によらずに互いにわかること」という意味の言葉です。
無言のうちに言葉が通じ合うことを表していて、人との間柄を表現するときなどによく使われます。
熟語を解体していくと「以」、「伝」はそれぞれ「~をもって」、「~を伝える」という意味なので「心をもって心を伝える」という意味になり、
言葉を使わずに意思の疎通を行うという意味の言葉であることがわかります。

元々以心伝心という言葉は禅宗の用語で、「仏法の奥義を対面相対することによって師の心から弟子の心へ伝える」という意味で使われていたといいます。
この以心伝心が境地に達すると、悟りの内容は文字や言語で伝わるものではなく、心から心に伝わるものであるという意味の「不立文字(ふりゅうもんじ)」という言葉で表されるようになります。不立文字は禅宗の根本的な概念といわれています。

また、まれに「意心伝心」と表記されることもありますが「心をもって」という重要な意味からずれてしまうこともあり、これは誤りです。

以心伝心(いしんでんしん)の使い方と例文

・お客様と以心伝心の関係を築けるよう、努力する姿勢を大切にする。
・私たちは苦楽を共にしてきた以心伝心の仲です。
・言葉に出来ないような微妙な違いも彼の表情を見れば以心伝心でわかる。
・長い夫婦生活で妻とは以心伝心で言葉がなくても通じ合える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。