一諾千金(いちだくせんきん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一諾千金(いちだくせんきん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一諾千金(いちだくせんきん)」について説明します。

一諾千金(いちだくせんきん)ってどんな意味?

「一諾千金」という言葉について解説していきます。
よくビジネスシーンやニュースなどでも聞く言葉ですので、間違って覚えていたら大人としてとても恥ずかしい思いをします。
正しい意味を知って正しく使うことができればビジネスシーンでも更なる飛躍が期待できそうです。
大事な取引先相手やお客様に間違って使わないためにも今回は詳しく説明していきたいと思いますのでぜひご覧になってください。

一諾千金(いちだくせんきん)の意味

「一諾千金」とは「いちだくせんきん」と読み、信義が厚く、裏切ることのないことの例えや、約束を重んじなければならない例えを表しています。
いったん承諾したら、それは千金にも値するほどの重みがあるということ。「一諾」はひとたび承知して引き受けること。「千金」とは大金の意味をもち、一諾千金とは一度承諾したら、その約束は千金の重みがあるということ。
約束は守らなければならないという例えとしてよく用いられています。
約束よりも言葉としての意味の重みがあり、裏切ることがなく約束自体に絶対的な重みがあることの例えとしてビジネスシーンでも使われています。
約束は簡単に破ってはいけない、千金のような大金程の価値があることを意味しています。

一諾千金(いちだくせんきん)の使い方と例文

・あの彼は一諾千金だから安心している。
・私達の約束は一諾千金だから必ず守る。
・会社の先輩は一諾千金だから今だに尊敬している。
・今の会社の社長は一諾千金だから多くの部下から信頼を得ている。
・約束したからには一諾千金なので絶対に守る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。