一言芳恩(いちごんほうおん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一言芳恩(いちごんほうおん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一言芳恩(いちごんほうおん)」について説明します。

一言芳恩(いちごんほうおん)ってどんな意味?

「一言芳恩」という言葉について解説していきます。
読み方は「いちごんほうおん」で「一言」はいちげんとも読みます。
相手に感謝を伝える時に用いられる言葉ですが、間違って使っていたり、読み方を間違って覚えていると感謝の気持ちも相手には上手く伝わりません。
勘違いしないためにも詳しく説明していきますので、読み方、使い方、意味をふまえて覚えるためにもぜひご覧になってください。

一言芳恩(いちごんほうおん)の意味

「一言芳恩」の意味は、少しでも声をかけてもらったことを忘れずに感謝すること。また、一声を賜った恩に感じてその人を主人と仰ぐことです。
「一言」はちょっとした言葉、挨拶を表し、「芳恩」は相手を敬ってその人から受けた恩を表すことから、ひとこと声をかけてもらったことに対する感謝やその相手を主人と仰ぐこと。を意味しています。日本漢字能力検定では3級の四文字熟語であり、感謝することを伝える言葉として用いられますが、感謝の言葉以上に気持ちを相手を伝えたい、表したいときに用いられます。また、感謝だけでなく、人生の中での恩師、先生や監督、コーチなど目上の方に対して敬う気持ちを相手に伝えたいときに使われています。

一言芳恩(いちごんほうおん)の使い方と例文

・一言芳恩、どうやってこの感謝の気持ちを伝えればいいのだろう。
・一言芳恩の思いを胸にボランティアの地域へと向かった。
・卒業式では一言芳恩を感じている生徒達が担任の元へ集まり感謝の言葉を1人ずつ伝え涙を流した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。