一牛鳴地(いちぎゅうめいち)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一牛鳴地(いちぎゅうめいち)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一牛鳴地(いちぎゅうめいち)」について説明します。

一牛鳴地(いちぎゅうめいち)ってどんな意味?

「一牛鳴地」という言葉について解説していきます。
ご存知の方もいるかと思いますが、日常的会話の中ではあまり耳にしない言葉です。
字だけ見れば牛?鳴?と少し疑問に感じる方も多いかもしれません。読み方や使い方を間違えて覚えていると自分が使う時には周りの人に誤解させたり混乱させてしまいます。
読み方、使い方、意味を詳しく説明していますので、ぜひご覧になって今後に役立ててください。

一牛鳴地(いちぎゅうめいち)の意味

「一牛鳴地」は「いちぎゅうめいち」と読み、とても近い距離にあることや、のどかな田園風景の形容を意味しています。
語源の由来は、「牛鳴」は牛の鳴く声を表し、牛の鳴く声が聞こえる範囲の近い土地という意味。「一牛鳴」と訳すこともあることから、一牛鳴地は、一頭の牛の鳴き声が聞こえる程高い距離のことを表しています。また非常に距離が近いことの例えにも使います。

類義語は一衣帯水(いちいたいすい)や一牛吼地(いちぎゅうこうち)があります。
日本漢字能力検定では5級の四文字熟語です。
一牛鳴地を英訳すると、そのまま訳すとVery close distance that we can hear crying of a cow. になり、
のどかな田舎を表現すると、A peaceful rural landscape. となります。
近距離の意味を入れると、I will move a short distance. (一牛鳴地の範囲に引っ越す)となります。

一牛鳴地(いちぎゅうめいち)の使い方と例文

・私は、大きくなっても一牛鳴地のこの土地から離れるのが嫌だ。
・大学卒業後も一牛鳴地の土地で生活したいと考えている。
・こんな一牛鳴地な場所よりももっと都会でファッショナブルでオシャレな生活を夢にみている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。