一汁一菜(いちじゅういっさい)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一汁一菜(いちじゅういっさい)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一汁一菜(いちじゅういっさい)」について説明します。

一汁一菜(いちじゅういっさい)って?

「一汁一菜」という言葉について解説していきます。
昔から使われてきた言葉の一つではありますが、それだけに意味を間違って理解している人も多いです。
正しい意味を知って誤解しないように正しい使い方ができるように紹介していきたいと思います。
ぜひ正しい意味を知り今後に生かして下さい。そしてまだ意味を知らない方にも多くの方に伝えていって下さればと思います。
そしてそれによって食生活の見直しを多くの方が出来ればと思います。

一汁一菜(いちじゅういっさい)の意味

「一汁一菜」とは主食(白米や玄米や雑穀米)に汁物( 味噌汁やお汁 )と菜(おかずや惣菜 )の一品を添えた昔ながらの日本の食生活であった献立の一つです。
もともと、一汁一菜とは昔、食品が少ない時代などから使われた言葉で、おかずが一品のみしかない質素な食事の意味で用いられてきました。
現代では欧米などの食べすぎや太り過ぎといった栄養過多による肥満が問題視されているアメリカや欧米では日本の一汁一菜文化が見直されており、それに伴って和食も人気が出ています。
さらに一汁一菜であれば食べすぎを防げ、大人が摂取する一日の標準カロリー内での食事が出来ると考えられており、日本が長寿国と言わることからも多くの人々から日本食に関心を持ってもらうことのきっかけにもなっています。

一汁一菜(いちじゅういっさい)の使い方と例文

・一汁一菜の食事生活のお陰で健康な食生活をおくれている。
・一汁一菜メニューを毎晩考えて献立を作る。
・日本食の基本的な献立は一汁一菜文化からきている。
・海外に長く住んでいると一汁一菜が恋しくなる。
・一汁一菜メニューなら食べすぎることもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。