一樹百穫(いちじゅひゃっかく)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一樹百穫(いちじゅひゃっかく)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一樹百穫(いちじゅひゃっかく)」について説明します。

一樹百穫(いちじゅひゃっかく)ってどんな意味?

「一樹百穫」という言葉について解説していきます。
一樹百穫と聞いて馴染みがない方や初見の方も多くいるかもしれません。なかなか日常的会話には出てこない言葉ではありますが、使い方を間違って覚えているといざ自分が使うことがあるときに相手を誤解させてしまったり、混乱させてしまいます。自分自身も恥をかくことになりますので、そうならないためにも読み方、使い方、意味をきちんと、理解できるように説明していきますのでぜひご覧になってください。

一樹百穫(いちじゅひゃっかく)の意味

「一樹百穫」は、「いちじゅひゃっかく」と読み、人材を育成することは、大きな利益につながるということ。また、大計を成功させるには人材の育成が必要であるということ。を意味しています。
語源由来は、「一樹」は一本の木を植えること。「百穫」は百倍の収穫の意味であり、一樹百穫は人材の育成は、大きな利益をもたらすことのたとえとしても用いられています。
このことから職場や職人業種では特に初めから上手くは出来ませんが、育成すると必ず成功し、いずれ大きな利益をもたらす人材になると使われたりします。
一樹百穫を英語訳すると、
training talent leads to great profit
talentは「才能」という意味であり、
profitは「利益」という意味があります。
日本漢字能力検定では漢級3級の四文字熟語とされています。

一樹百穫(いちじゅひゃっかく)の使い方と例文

・新人に育成や教育には時間がかかるが、一樹百穫の信念から手を抜くことはしない。
・職場で部下には一樹百穫と思って自分の時間をさいてでも教育していこうと思う。
・どんな職場においても周りの人間は一樹百穫の気持ちで見守ることが必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。