一栄一辱(いちえいいちじょく)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一栄一辱(いちえいいちじょく)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一栄一辱(いちえいいちじょく)」について説明します。

一栄一辱(いちえいいちじょく)ってどんな意味?

「一栄一辱」という言葉について解説していきます。
長い人生の中は一栄一辱だ、などとよく耳にする言葉ですが、間違って覚えていたり、誤解していると相手を混乱させてしまったり、勘違いさせてしまいます。
特に年配の上司が部下に言う場合であれば尚更意味を理解しておかなければなりません。
今回読み方や意味を含めて詳しく説明していきますので、勘違いして使わないためにもぜひご覧になってください。

一栄一辱(いちえいいちじょく)の意味

「一栄一辱」とは「いちえいいちじょく」と読み、人は社会の状況などによって、栄えることもあれば、恥辱にまみれることもあること。また、人の世のはかなさを意味しています。
「一」は、「あるときは」の意味で、「栄」は、栄達すること。「辱」は、はずかしめをうけること。を意味することから、栄えたり、恥辱をこうむったりすることや人の世の変転を表すたとえを意味するときに用いられるます。
類語には一栄一落(いちえいいちらく)や一栄一枯( いちえいいっこ )栄枯盛衰(えいこせいすい)があり、栄えたとき(良い時 )と辱めをうけたとき( 悪い時 )の両方が皆の人生にはあることを示した上で、ある時は注意喚起や、ある時は慰めるような意味あいをもっています。

一栄一辱(いちえいいちじょく)の使い方と例文

・人生は一栄一辱なのだから今は成功していても、あまり調子にのらない方がいいと思います。
・一栄一辱だからこそ人生は面白いものだ。
・人生は皆、一栄一辱であることを常に念頭において日々の生活を過ごすとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。