一期一会(いちごいちえ)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一期一会(いちごいちえ)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一期一会(いちごいちえ)」について説明します。

一期一会(いちごいちえ)ってどんな意味?

「一期一会」という言葉について解説させていただきます。日常会話や映画・ドラマでよく聞くことがある言葉ですが、言葉の由来や本来の意味については詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。「人との出会いは一期一会だよ」という言葉は誰もが聞いたことのある言葉だと思います。そのような大事な出会いを表現する言葉なので、誤用や間違った解釈をしないよう、ここできちんと整理してみましょう。
意味・使用例を紹介していきますので、ぜひご覧ください。

一期一会(いちごいちえ)の意味

一期一会とは、「一生にただ一度だけ会うこと」また、「生涯に一回限りであること」という意味の言葉です。
貴重な出会いを表現する言葉で、日常会話で広く利用されています。
特に、初めて会った人を尊重する意味でよく使います。
本来の意味としては、もともとは、茶道の心構えを表した言葉で、どの茶会でも一生に一度のものと心得て、主客ともに誠をつくすべきであるという思いが込められています。
家主がお客様をお迎えする際に、その出会いがいかに貴重かという相手に対する尊敬の意味合いで使われました。
その茶道の精神は、現在の日本のおもてなしに通ずるものがあります。
昔の人たちが大事にしていた思いや作法というのは、いつの時代も変わらないので大切にしていくべきです。

一期一会(いちごいちえ)の使い方と例文

・どんな人との出会いも一期一会だから大事にしなさい。
・人の出会いは一期一会だから、一つ一つの出会いを大事にしなければならない。
・お客様一人一人との出会いが一期一会です。思いやりを持って対応しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。