一時流行(いちじりゅうこう)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一時流行(いちじりゅうこう)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一時流行(いちじりゅうこう)」について説明します。

一時流行(いちじりゅうこう)って?

「一時流行」という言葉について解説していきます。
雑誌やテレビ、今ではインターネットの普及によりInstagramやFacebookなどsnsの普及により多くの人々が受信側から発信側へと変化し始めた時代ですが、今まではモデルやテレビアイドルやアーティストからの発信だけが今は一般客からの発信情報も増えています。
「一時流行」は一時的に、流行する今の時代に合った物事として使われています。

一時流行(いちじりゅうこう)の意味

「一時流行」とは「いちじりゅうこう」と読み、その時の時代にあった格好品や物事の新しい様を表しています。
いつの時代においても流行品や流行フード、流行語もあります。
その流行の一時ですので、まさしく今、現代一番流行っていることを表します。
この一時流行に敏感な人程ファッションであればファッショナブルでオシャレと周りからも一目置かれ、言葉やフードにおいても一時流行品を知っている若者は多く、ファッション業界や雑誌、テレビ業界や食品関連の企業であっても常に流行を追い求める業種は多いです。
同じ意味として、一時のブームや一時のトレンド、一時的な流行と言われることもあります。
毎年ながら一時流行は存在し、来年、再来年もまた違う流行は、存在します。

一時流行(いちじりゅうこう)の使い方と例文

・百貨店で働く私たちは常に一時流行を追い求めなれければならない。
・今年の一時流行はタピオカミルクティだと思う。
・今年の一時流行カラーは何色だろうか?
・Instagramのインスタ映えは一時流行であると言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。