一新紀元(いちしんきげん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一新紀元(いちしんきげん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一新紀元(いちしんきげん)」について説明します。

一新紀元(いちしんきげん)ってどんな意味?

「一新紀元」という言葉について解説していきます。
今年は新年号を迎えたこともあり、多くのテレビニュースや雑誌などの媒体でも耳にした、目にした人が多いのではないでしょうか。
まさしく新年号を迎えたばかりの今だからこそ、正しい意味を知って正しく使って欲しいと思います。
また新しい年を迎えたことだけでなく、人生の中において新しい職場や学校生活のスタートでも使われています。

一新紀元(いちしんきげん)の意味

「一新紀元」とは「いちしんきげん」と読み、( 一新はいっしんとも読みます )新しい時代の始まり。古いことが終わりを告げ、新たな時代が始まる最初の年。を意味しています。
「新紀元」は新時代の最初の年のことで、古い時代が終わり新しい時代が始まる年、まさしく令和を迎えた今年の日本を表す言葉ともいえます。
さらには例文として今までにないことを表すときにも使われ、この絵は世界に一新紀元を画すほどの影響を与えたのように使われます。
英訳ではnew era / new ageと、「新年」を意味し、漢字検定出題レベルとしては漢字検定5級の四文字熟語です。
身近なところでは進学や進級、就職は人生の中で一新紀元と言えます。

一新紀元(いちしんきげん)の使い方と例文

・一新紀元にあたり、決意を新たにしよう。
・一新紀元を迎えて新たな資格を取得する目標を持った。
・一新紀元にあたって今年の抱負を家族1人ずつ言い合った。
・その選手の登場は野球界でも一新紀元の幕開けとなった。
・大学生活が彼にとって一新紀元を迎えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。