一意攻苦(いちいこうく)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一意攻苦(いちいこうく)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一意攻苦(いちいこうく)」について説明します。

一意攻苦(いちいこうく)ってどんな意味?

「一意攻苦」という言葉について解説していきます。
あまり日常的会話では耳にはしませんが、一方企業など多くの職場では一意攻苦を座右の銘として選ばれている会社は多いです。
せっかく職場で座右の銘としてかかげているのに意味を理解できていない、もしくは間違って覚えていると周りの人を混乱させ、思わず恥をかきかねません。
そうならないためにも意味、読み方、使い方をきちんと学び正しく理解しましょう。

一意攻苦(いちいこうく)の意味

「一意攻苦」とは「いちいこうく」と読み、心を打ち込んで、苦しみながら考えることを意味します。
語源の由来は「一意」は、一つの物事に集中することの意味があり、「攻苦」は苦難、苦境とたたかうという意味することから、転じて、苦心して勉強すること。または、人が一つの目的に向かってひたすらに頑張る姿を例えて用いられ、職場では座右の銘として選ばれることも多いです。
英訳にすると、Sufferings from one idea attackとなり、日本漢字能力検定では漢級四級レベルの四文字熟語です。
一意攻苦はスポーツでも仕事であってもひたすらに集中しているときに使われる言葉で、一つのことをわき目もふらずに心を動かすことなく集中することを意味しています。

一意攻苦(いちいこうく)の使い方と例文

・この作品を作り上げるまでは、一意攻苦の気持ちで今日まで頑張ってきた。
・スポーツのコーチやビジネスパーソンには一意攻苦を座右の銘としている人はとても多い。
・最高の結果を作るためにも一意攻苦の意味を忘れるな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。