一意専心(いちいせんしん)ってどんな意味?意味・使い方・例文を紹介

一意専心(いちいせんしん)という言葉を知っていますか?
聞いたことはあっても、実際に使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。
この記事では意味・使い方が分かるように例文も紹介しながら「一意専心(いちいせんしん)」について説明します。

一意専心(いちいせんしん)ってどんな意味?

「一意専心(いちいせんしん)」という四字熟語があります。
ビジネスシーン以外にもさまざまな場所で使うことのできる言葉となりますが、意味を正しく理解していないと使うことが難しい言葉でもあります。
社会人として心得ておきたい姿勢をあらわす言葉でもあるため、意味を理解して使うことができると相手からの信頼を高めることができるかもしれません。
そんな「一意専心」の意味や使い方について紹介していきます。

一意専心(いちいせんしん)の意味

一意専心とは「他のことを考えることなく、ひたすら一つのことに集中して物事を行なうこと」という意味の四字熟語です。
「一意」はひとつの考え、また一つの物事に集中していることを意味し、「専心」も同じくひとつのことに心を集中させている様子をあらわしています。
効率よく物事を進める際には集中して取り組むことが重要であるため、ビジネスシーンでも使うことのできる言葉とも言えます。
とくに決意表明などこれから取り組むことに対して自分の心持ちをあらわす言葉として使うことができ、仕事に対する真剣な気持ちを相手に伝えることができます。
また仕事だけでなく学業や部活など何かに取り組むうえで幅広く使うことのできる言葉でもあり、日常生活の多くの場面で使用することができます。

一意専心(いちいせんしん)の使い方と例文

・新しいプロジェクトの一員として任命していただき、これからは一意専心で取り組む所存です。
・受験生となり、改めて一意専心で学業に取り組む決意をした。
・夢に向かって一意専心している彼の姿を見習っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。